うつ病それでも生きていく

うつ病歴11年になります トーシツも併発してます

休職前の勤務状況のおさらい

私はSE(システムエンジニア)です。

役職は主任です。

残業後に自宅でも仕事をしていたのは、先に述べた通りですが、いわゆる過労死などの基準となるような、月の残業時間が100時間を越えるといったような仕事の量ではありませんでした。

ただ、仕事柄、深夜作業、徹夜作業、休日出勤など、不規則にありました。

休職前の仕事は、いわゆる、いわく付きの小規模なプロジェクトを任されており、火消し役に翻弄されておりました。

大規模プロジェクトでトラブルになると、トップ判断で、どんどん人を投入して、問題を解決していきますが、小規模となるとそうもいきません。

当然、プロジェクトメンバーに負担がかかります。

私の判断で、問題の緊急度・重要度などを整理していき、徐々に、定期的に火曜日と木曜日の深夜に、システム更新を行うという段取りを行いました。

システムは、24時間稼動しているため、日中はシステム停止を行えないため、深夜作業が連続していたからです。

ただ、ちょっと遅すぎました。

モチベーション低下でメンバーは一人抜け、二人抜けと、新しいメンバーは入ってはきますが、新たに教えることも出てくるため、どんどん負担が増していきました。