うつ病それでも生きていく

うつ病歴11年になります トーシツも併発してます

失業手当(雇用保険)

会社を退職し、次の仕事が見つかるまでの間、失業手当が支給されます。

前提として、一定の雇用保険の加入期間が必要となります。

会社から発行される離職票と共に、住所地を管轄するハローワークに求人登録し、給付認定を受けます。

その後、2週間に1度、ハローワークを訪れ、失業認定申告書を提出し、次回の失業認定日に支給となるようです。

つまり、いつでも働ける状態で、就職活動をしています、ということが前提条件となります。

細かな支給日数は省略しますが、大きく分けて、3つの区分があります。

 1.転職などによる自己都合による退職なのか、解雇などの会社都合による退職なのか

 2.病気で働けなくなったり、会社の移転などにより通勤が困難になった

 3.就職困難者

1.の場合、給付日数に差が出ます。
 自己都合の場合、被保険者期間20年以上で180日
 会社都合の場合、被保険者期間20年以上で30歳以上45歳未満で240日

2.の場合、自己都合退職による3ヶ月間の給付制限がなくなります

3.の場合、給付日数が増えます
 被保険者期間1年以上で45歳未満の場合300日となります